受付時間

リプラス整骨院 042-766-0541

アクセス

自律神経失調症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • いつも体がだるい
  • 休んでも体の疲れが取れない
  • 頭がぼんやりしてスッキリしない
  • 息苦しさや動悸がある
  • ストレスを感じやすい

自律神経失調症とは?|リプラス整骨院

まず自立神経とは何かを説明いたします。自立神経とは“交感神経”と“副交感神経”という二つの神経のことを指す総称です。この2つの神経は遊具のシーソーのような関係にあり片方の神経活動が活発(優位)になるともう片方の神経活動は休みに入ります。

“交感神経”とは日中に活動する場合などに活発になります。仕事中や運動中などで頑張る(筋肉や脳をよく使う場面)際に交感神経は優位になります。

“副交感神経”とはリラックスしたい状態、家でくつろいだ際などで優位になります。寝る前などは更に優位になります。(胃腸など内臓の活動が活発になります)

自律神経失調症とは、この二つに神経のバランスが崩れることで起こります。例えば、頑張らなければいけない場面で、交感神経ではなく副交感神経が優位になっていて、頭では頑張らなくては行けないと思っていても身体がリラックスモードに入りやる気が出ない。自宅の布団の中で寝ようとしても、副交感神経ではなく交感神経が優位の興奮状態になってしまい、なかなか寝付けないなど。

この様に日常生活の場面場面で自律神経の適切な切り替わりができない状態が自律神経失調症です。統合失調症と混同されがちですが自律神経失調症と統合失調症は違いますのでお気を付けください。

自律神経失調症に肉体的な症状と精神的な症状の2種類あります。

肉体的な症状
頭痛、腰痛、動悸、息切れ、息苦しさ、発汗、めまい、ほてり、筋肉痛、胃痛、腹痛、下痢、吐き気、ふるえ、喉のつまり感、食欲不振、全身倦怠感(だるさ)などの不定愁訴と言われるもの。

精神的な症状
喜怒哀楽や恐怖など情動のコントロールがうまく出来ない、うつ症状や神経症(不安症)、
不安感、抑うつ気分、、解離症状(自分が自分でない感覚)、過覚醒(リラックスできない状態)・睡眠障害などの不眠などが挙げられます

自律神経失調症の原因とは?|リプラス整骨院

主な原因は“ストレス”と言われています。現代は「ストレス社会」とも言われるように、至る所にストレスの原因があります。スマホやインターネットの普及で便利になりましたが、それがストレスの原因となるケースもあります。

そして環境要因、これもストレスと近いのですが体が休められない、落ち着ける時間がないなどの環境が原因の場合もあります。

睡眠不足などの休息不足も原因となります。一日の睡眠時間が毎日バラバラ、入眠と起床の時間が不定期なども自律神経が乱れる原因となりますので気を付けましょう。

当院の自律神経失調症治療方法|リプラス整骨院

下記の身体の状態を、ぜひ一度“イメージ”してみてください。

● 身体が左右対称
● 体全体の筋肉が柔らかい
● 各関節がスムーズに動く
● 骨盤と骨格が整ったきれいな姿勢
● 適度な運動をしている

どうでしょう?イメージできましたか?

もしこの様な身体になれたらストレスも掛からなそうではありませんか?身体と精神は密接に関係しています。ストレスの発散や休息など、“ストレスがからない環境作り”も大切になります。ストレスが身体に悪影響を及ぼすように身体の痛みや疲労もストレスの原因となり得ます。

リプラス整骨院では自律神経失調症の治療として“骨盤矯正”と猫背などの“姿勢矯正”を治療の基礎としております。まずは骨盤と歪みと姿勢を正しくきれいな姿勢にすること、そして凝り固まった筋肉と筋膜を調整し関節の可動域を改善します。

このように体が正しい状態になればストレスも軽減し精神と肉体の両方の負担を改善することが出来るのです。

自律神経失調症でお悩みの方は是非一度リプラス整骨院に来てみませんか?小田急相模原駅エリア(相模原市南区~座間市)自律神経失調症でお悩みの際はリプラス整骨院へまずはお気軽にご相談ください。

LINE@にて予約や相談も承っております。

リプラス整骨院

お問い合わせ

住所
〒252-0001
神奈川県座間市相模が丘1-23-10
駐車場
提携駐車場有り

受付時間