Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故後の落とし穴 ケース~その2~事故相手とのトラブル

交通事故後の落とし穴 ケース~その2~事故相手とのトラブル

2014.05.07 | Category: 交通事故

交通事故の落とし穴シリーズ第二弾です

 

前回は交通事故の恐怖とストレスをお伝えしました

 

 

今回の第二弾はこちら

 

 

その2.加害者とのやり取りによるストレス。

交通事故発生直後は警察も救急車もすぐ来てくれるわけではありません。

警察に連絡しなくてはなりませんし、連絡したからといってすぐに来るとは限らないのです。

パトカーの到着まで30分~1時間待つ場合もあります。

 

ちなみに救急車の場合は到着が早いです。

5分~30分で到着する場合が多いです。

 

どちらの場合も派出所の場所や事故現場、交通事情により

変化いたしますのであくまで参考までに。

 

 

その間に現場の安全確保やケガ人の救護を行うのですが

その間は被害者と加害者しか現場にいないのです。

 

そうです

交通事故に遭ってしまったら、まず加害者と被害者との「やり取り」が始まります。

 

前回の交通事故のストレスでもお話ししましたが

事故直後はパニックや興奮状態になり、正しい判断ができずに感情的になることもあります。

両者この状態になってしまうと事故現場で喧嘩に騒ぎになる事もあるので注意しましょう。

事故直後は自分では大丈夫と思っても普通の精神状態ではない事が多々あります。

 

 

 

交通事故で相手とトラブルになるケースは

 

・相手から「警察に連絡しろ!」などと命令口調で言われカッとなりモメる

 

・相手が強面だったり怖い風貌の相手で因縁をつけられる。

 

・相手が悪い事故なのにこちらに問題があると事実を歪曲しようとしてくる。

 

・「免許の点数が残り少ない」、「会社にバレたらクビになる」などの理由で示談を求めてくる

 

・事故の相手が脅迫まがいに示談を強要し警察を呼ばせないようにしてくる。

 

・当て逃げ

など

 

 

 

警察を呼ばずに示談をしてしまったり、

弱気になり相手のいい様に言い包められてしまうと後々になってとても不利になります。

 

変にモメる前に、事故が発生したら早い段階で警察に連絡を心掛けましょう。

また、ご自身の加入している任意保険の保険会社に連絡しましょう。

 

自動車の保険には

任意保険と自賠責保険があります。

これについてはまた後日お話ししたいと思います。

 

 

任意保険に加入しておく事によって交通事故や示談のやり取りを

保険会社が代行してくれます。

 

その後は保険会社にお任せし加害者との不要なやり取りを回避し

ストレスを軽減する事をおススメします。

 

 

事故相手とのトラブル対処のまとめ

 

・事故に遭ったら警察をすぐに呼ぶ

・その場で示談などは絶対にしない

・毅然とした態度で対応し相手に言い包められない

・相手が当て逃げする可能性を頭の片隅に残しておき

 車種や色・ナンバー、相手の顔などを覚えておく

・相手の車やナンバー、事故現場をスマホや携帯で撮っておく

・任意保険には入っておく

 

分らない事やお悩みなどありましたらご相談致しますのでご連絡ください。

 

 

 

 

次回は保険会社とのやり取りに関するトラブルをお話ししたいと思います。

 

 

 

当院へのアクセス情報

Re:Plus整骨院

所在地〒252-0001 神奈川県座間市相模が丘1-23-10
駐車場提携駐車場有り(小田急相模原駅自動車駐車場・南区南台3-20-1 ラクアル・オダサガ内)
電話番号042-766-0541
休診日なし
院長市橋 伸也