受付時間

リプラス整骨院 042-766-0541

アクセス

腰椎椎間板症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰に痛みがあり治療してもなかなか改善されない
  • 前かがみの姿勢で痛みが腰に強く出る
  • 同じ姿勢を続けるのがつらい
  • 腰を伸ばすと楽になる
  • 腰が痛くて胡座(あぐら)がかけない

当てはまるなら、その症状は【腰椎椎間板症】かもしれません!

腰椎椎間板症とは|リプラス整骨院

一般的に背骨と言われている骨は正式には脊椎と呼ばれます。

脊椎は頚椎(7個)胸椎(12個)腰椎(5個)から構成されており、各脊椎の間には椎間板と言う、荷重を支えると共に衝撃を吸収するクッションの役割を果たす組織があります。

椎間板の外周は繊維輪と呼ばれる強固な軟骨、中心部は髄核と言うゲル状の反流動体で形成されています。

腰椎椎間板症とはその腰椎の椎間板部分が痛みの原因となって起きる痛みの事を言います。

椎間板は姿勢や動作の影響により負担がかかり、髄核がずれて繊維輪に亀裂が入ると痛みが生じます。

とくに前屈をした時に強い痛みを感じる事が多く、稀に下肢の痛みや痺れ、膀胱や直腸の症状を伴う場合があります。

腰椎椎間板症の原因とは|リプラス整骨院

椎間板は常に荷重やストレスを受けており、だいたい10代後半から加齢により髄核の水分が減少すると共に弾力性が低下し変性してしまうのが原因の一つです。。

これの変性により椎間板の支持性やクッション性の機能が低下してくると、椎間板自体の痛みや脊柱の靭帯や椎間関節、筋肉に負担がかかり痛みが生じます。

また日常生活における姿勢も影響します。

猫背の姿勢をとっている、頻繁に中腰で作業を行う等も椎間板に加わるストレスが増大します。

骨盤が歪んでいて立ち姿勢や荷重など左右のバランスが崩れていると椎間板の片側にばかりストレスがかかり腰椎椎間板症になるリスクが高くなるので気を付けましょう。

 

腰椎椎間板症をそのまま放っていると|リプラス整骨院

腰椎を含む脊椎(背骨)は骨盤の上に乗っている状態です。

骨盤が歪んでいるとその上にある脊椎も歪んでしまい前後左右のバランスが崩れ椎間板に変則的なストレスがかかり腰痛の原因となります。

腰椎椎間板症は対策をせず放置すると椎間板が脱出し腰椎椎間板ヘルニアに移行してしまう恐れ(リスク)があります。

また稀ですが排尿障害に繋がる事もあります。

そうなってしまうと日常生活に大きな支障をきたしてしまいますので、腰に痛みや違和感があるなら早めに対策を取りましょう!

腰椎椎間板症の対処法|リプラス整骨院

多くの場合、保存療法が基本です。

軽度の段階では安静にする事で緩和される場合が多いですが、何度も繰り返す可能性が高いです。

病院での治療はブロック注射や鎮痛剤の服薬、コルセットを用いた姿勢の矯正が一般的です。

また日常生活が制限されるような酷い腰痛が続く場合、手術が必要になる事があります。

リプラス整骨院での腰椎椎間板症の治療法は

リプラス整骨院では骨盤の歪みと姿勢の改善を行っております。

腰椎椎間板症の場合、背中や腰、股関節等の筋肉が緊張して固まってしまっている場合が多いため、マッサージ等の手技療法で緊張を緩和すると共に血行促進をはかりますが、骨盤が歪み姿勢が悪い状態だと腰椎や椎間板に余計なストレスが掛かるため施術の効果が出にくく、一時的に改善しても数日で同じ痛みが再発するからです。

まずは骨盤と姿勢の歪みを検査し、骨盤矯正と姿勢矯正で背骨と骨盤を正しく整えてから筋肉調整で筋肉の緊張を緩和し血流を促進していきます。

またリプラス整骨院では患者様の状態に合わせた体幹の筋肉の強化、柔軟性確保のためのストレッチでアプローチします。

日常生活や再発防止のアドバイスも行っておりますので安心してご来院ください。

腰の痛みでお困りの方、まずは相談だけでも構いません。小田急相模原徒歩2分!座間市にあるリプラス整骨院までお気軽にお問い合わせ下さい!

リプラス整骨院

お問い合わせ

住所
〒252-0001
神奈川県座間市相模が丘1-23-10
駐車場
提携駐車場有り

受付時間