Blog記事一覧 > スポーツ > 東海大相模高校野球部 2014年甲子園出場おめでとう! 

東海大相模高校野球部 2014年甲子園出場おめでとう! 

2014.08.01 | Category: スポーツ

夏の全国高校野球選手権地方大会(第96回)

平成26年 夏の高校野球・神奈川県予選で見事

東海大相模高校が優勝しました!

 

本当におめでとうございます。

 

整骨院の仕事で現地に応援は行けませんでしたが

準々決勝から決勝戦までの3試合は録画して自宅観戦しました。

 

リプラス整骨院には東海大相模の野球部員が多数通院していたので

応援にもつい力が入りました。

 

東海大相模の生徒は以前から来院したいたのですが

現在の野球部3年生の中には1年生のころから通院していた部員たちも多く、

選手としてテレビで躍動する姿は観ていて心に響くモノがありました。

 

東海大相模の野球部員たちは同世代の子と比べても

みな礼儀正しく人間性も優れていてとても感心しています。

 

施術中の会話の中で、練習の内容なども聞いててもとても過酷な練習内容でしたが

そんなつらい練習にも死んだ目をしている子はいなく、

みな明るく元気で、とても生き生きした瞳をしていたのが印象的でした。

Exif_JPEG_PICTURE

 

治療家の立場から彼らのカラダを見て凄いと思った事が3つあります

 

①筋力とバランスの良さ

 筋肉量と各部位の筋肉の付き方のバランスがとても良いこと。

 これは、ほんとに大人顔負けです。

 激戦区神奈川で甲子園出場を目指す伝統高の凄さだと思います。

 

②筋疲労、筋肉内の乳酸などの疲労物質の溜まり方が凄いです。

 普通に言えばボロボロの状態でしたが強豪校たる所以(ゆえん)だと感じました。

 施術などで診ていてここまで追い込むかと毎週驚かされました。

 

③個人個人のアスリートとしての素質が高いと言うこと

 これには複数理由がありますが簡単にいくつか説明すると

 

   胃腸が強い!辛い練習や走り込みの後でもしっかりとした食事を摂取していること。

   胃腸の強さはカラダを強く大きくする上でとても必要な事ですが胃腸の強さはなかなか鍛えることはできません。

 

   次に辛い練習を耐え抜く精神力

   並の高校生なら根を上げて退部してもおかしくない内容の練習を3年間こなし

   また、その事に文句や愚痴を言わないところは本当に感心します。

 

他にもありますが主にこの3つが東海大生を見ていて感心した事でした。

 

今大会ではリプラス整骨院に通院していた中で

2人スタメン・3人ベンチの選手がいました。

 

また、通院していた子達の中で試合に出られなくても応援席から

精一杯の声援を送る選手を見て感動しました。

 

みな整骨院の中では見せない懸命に闘う姿がとても印象的でした。

 

 

青島君の通院中は礼儀正しく少し控え目な感の好青年で

施術中も痛くても気合いで我慢する様な感じが少しありました。

足腰の筋力の強さが印象的でスタッフからも太腿スゴイがとよく言われてました。

そんな彼ですが試合になると気迫あふれるピッチングがとても印象的で

東海大相模のエースにまで成長しスタッフ一同とても喜んでいます。

 

 

河本君は当院に通院している部員の中で中心的な立ち位置で

コミュニケーション能力と求心力がある選手だと私は感じていました。

喉が弱いと言い、よく喉を一番枯らしているのも河本君でしたが

試合を見ていてそれが良く分かりました。

河本君は試合中のベンチで門馬監督の横に常に陣取りとても良く声を出していたのです。

また、攻守交替の際にベンチに戻ってくる選手たちを一番に迎え入れる姿勢や

伝令に走り選手に姿や勝って涙する姿に彼の人間的な素晴らしさを感じました。

本当に素晴らしい副主将になったと思います。

 

 

楠くんは通院している選手の中で一番負けん気が強い、と言うか気が強いと言う印象の選手で

たとえて言うとサッカーの本田(ACミラン)選手に雰囲気がとてもよく似ていました。

投手から野手に転向しましたが見事にその負けん気の強さと努力で

1番レフトとしてスタメンを手に入れた事と思います。

試合も見ていても走攻守がそろっており、中でもライト方向に引っ張りながらの鋭いスイングは

甲子園での活躍が今から楽しみです。

 

 

長井君もとても礼儀正しく誰からも好かれる子だと思います。

施術していて肩とリストの強い子だなと感心したことや、

施術中に長井君将来の夢などを話したことをよく覚えています。

今大会はキャッチャーとして二番手になりあまり試合には出れていませんが

橘学園との準々決勝では青島君と長井君のバッテリーは治療家としてとても感慨深かったです。

 

藪田君はハードな練習で筋肉がかなり硬くなっていた事をよく覚えています。

なので施術もストレッチ系が多かった印象があります。

体はつらそうでしたが練習を頑張った証しだと私は思います。

試合に出る機会が少なくて残念ですがベンチに入っただけでも凄いことです。

また、試合中ベンチからチームメイトに力強く声援を送る姿がとても印象的でした。

 

園田君は通院した日数は少なかったですが

一年生の時から通院してくれており、辛い練習を耐えて

ベンチ入りしたのは凄いことだと思います。

神奈川予選では出場機会に恵まれていませんでしたが

甲子園での活躍に期待しています。

 

また、他の3年生の部員達のなかでも

テレビで試合の中継を見ていて応援席の中に知っている顔を見てとてもうれしい気持ちになりました。

加賀君、門馬君、古園君、君たち3人の応援も私はしっかり見てました。

ベンチ入りできなかったのは残念でしたが、気持ちの入った応援を見せてくれてありがとう。

 

 

東海大相模高校野球部の皆さん

目標である甲子園優勝!私は絶対にやれると信じています。

あなた方の練習の密度と時間、それに耐えた強靭な身体を私たちスタッフは知っています。

 

自分たちの力を!練習を!仲間たちを信じて甲子園で躍動して下さい!

私たちスタッフは東海大相模高校をいつでも応援しています。

 

 

  目指せ全国制覇!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

Re:Plus整骨院

所在地〒252-0001 神奈川県座間市相模が丘1-23-10
駐車場提携駐車場有り(小田急相模原駅自動車駐車場・南区南台3-20-1 ラクアル・オダサガ内)
電話番号042-766-0541
休診日なし
院長市橋 伸也